SF2 Sidemount e-CCR

Sidemount CCR (サイドマウントリブリーザー)の代表作

  • 2017.1.30

バックマウントがベースとなっていたリブリーザーダイビングだが、Cave / WreckなどのPenetration Divingにおいて Sidemountが流行ってきたところ、CCRにSidemountが出てきた。 その代表作として、Backmount と Sidemountの両方のStyleを構成できるSF2 が生まれ、Afghanもこれをつかう Sidemount Configuratioinを開発、実践してみた。
※以降、SF2 Sidemount Configuration はRazor との組み合わせによるAfghan Originalのものである事ご了承のほど。

サイドマウント

サイドマウントに関しては、別途記載しているが、サイドマウントは文字通りタンクを背中に背負うのではなく 脇に抱えて潜るスタイルなわけであるが、リブリーザーでこれを導入するに当たり、ユニットもサイドにマウント することが考えられる。 これにおいて、Open Circuit と比べていくつかの問題点がありこれを一つずつ解決する方法で いくつかのサイドマウント・リブリーザーが生まれては試されてきた。 今なお、そのConfigurationやユニットのあり方、運用方法が開発、磨かれてきている....

カウンターラング

一番の問題は、カウンターラングの存在だろう。 初期の量販リブリーザーである、Inspiration / Megalodon などはカウンターラングをハーネスの上、胸元に かぶる別体型、そしてブリージングホースが吸気/排気と肩口で接続される形となっており、 初期のサイドマウントリブリーザーは、カウンターラングは同様にチョッキを着るような形で、ユニットと 球形の酸素タンクを内蔵させたユニットが開発された。 この場合、ブリージングホースが長く、ユニット&カウンターラングの接続口が4つとなり、かなり複雑な構成 をとる必要が出て極狭環境侵入における、トラブル増大となってしまう。 一方、PSCR として Halcyon などからカウンターラング内臓ユニットが出現、この構造に似た形でSF1が生まれ、 その流れでSF2が生まれる。

Sidemount Rebreathers -各種サイドマウントリブリーザー-

SCR(Semi-Closed Rebreather) は、CCRに比べガス効率、減圧効率に劣る半閉鎖式リブリーザーではあるが
ユニットとループガスという単純構成による左右対称型のConfigurationの容易さ
からSidemountに関しては、SCRが優位に働くこともある。
また、電子制御部品を必ずしも必要としないことからの安全性を主張してきたHalcyon RB80の趣旨からも分かる通り
Cave/Penetrationなどの閉鎖空間侵入においてもSemi-Closed-Rebreatherを支持する動きも元から存在する。
Satori, Tres Presidentes, GEM Sidekick などがある。
更に、e-CCR(Electric 電子制御) よりも故障率が少ないと言われているm-CCRとして Sidekick mCCR, Sidewinder などが存在する。
加えて、完全閉鎖式で完成度を高めたe-CCR として、タンク非搭載型のSF2, FLEX, Proteus, 酸素タンクのみ搭載のT-REB, 酸素/Diluentガス両タンク搭載のLiberty が登場し、群雄割拠となっている。 現在大きく分けて上記のようなスタイルが模索されているが、まだ発展途上でConfigurationもこれから有用なものが出てくる可能性も高い分野で ある事を明記しておく。
※Afghan としては、この中でSF2 を採用、実践有用なConfigurationを確立しつつあります。

Satori

Sidemount PSCR. デザイン, 構造などはSF2 と似ている。複数のループガスをコネクションでチェンジ することで減圧効率を上げるテクニカルダイビングの手法が使える。

Tres Presidentes Ultimate Rebreather

Satori 同様のPSCR Sidemount.ユニットをバックマウントして、ループガスをステージとしたスタイルも実施されている。

GEM / Sidekick

KISS社製。GEMを利用したSCRとmCCR の2機種が用意される

KISS Sprit SIDEWINDER mCCR

バックマウントでキャニスターを2分割した KISS Spirit をサイドに配置することにより作られたmCCR。 ユニットが1つのSidemount Rebreatherと違い、左右対称にできる特徴がある。

FLEX CCR

Backmount CCR のXCCRから派生したSidemount Rebreather. タンクはSF2同様酸素/Diluent共に外部接続。 カウンターラングがin/out二つでユニット上部に設置されるタイプであるため姿勢変化による呼吸抵抗の変化は小さいことが期待。

SF2

ドイツ製 e-CCRでBackmount, Sidemount の両方が存在。Afghan 使用。Dulent, Oxygen ガスは外部接続方式。 モノカウンターラング搭載とすることでユニット小型化と機材パーツの組み立て簡略化を狙ったモデル。 軽量かつコンパクト、堅牢性をもち、最小構成を狙う。突起部分が殆どなく僻地への運搬も楽。 ただ、姿勢変化により呼吸抵抗の変化が大きく、使いこなすにはには独特の難しさがある。 難易度の高いリブリーザーと言える。

T-REB

Sidemount 専用のClosed Circuit Rebreather. 酸素タンク(2L)のみユニット搭載。 カウンターラングは胸の近くにあるので、SF2より呼吸抵抗変化はない可能性が高い。 ユニット長が長くなる。(12Lのアルミを超える長さ) タンク搭載方法としては、SF2, FLEX と Liberty の中間的立ち位置。現在販売間近(2019.4現在)

Liberty Sidemount CCR

チェコ製の電子制御完全二重化(ソレノイド, バッテリー, コンピュータ) 酸素/Diluent の2本(各2L)のタンクをユニットに搭載。 これにより外部接続が全くない独立性があり、脱着も容易、左右にダブルCCRとしてサイドマウントも容易。 RazorのSteve Bogearts氏も採用した。重量がありSidemount CCRの中で最大、堅牢性の問題、組み立てが複雑なところが難点。

今後の可能性

サイドマウントリブリーザーの融合は考えとしては誰もが考えるところではないだろうか?
ただ、事は簡単ではない。OC Sidemount はその構造が単純で構成単位が完結最小, 他との接続を考えなくていいため、左右対称の構成が撮りやすい。
一方、Rebreather はユニットに対し、SCR であればループガス、そしてテクニカル使用でガスチェンジを行うのであれば複数のループガスが必要
CCRであれば、ユニット, 酸素, Dulentガス, テクニカル使用であれば当然Dulent も複数必要であり、これらを左右バランスよくどう配置するのがよいのか
また、ユニットの姿勢を換えることによる呼吸抵抗に対する対応、カウンターラングの配置と保護観点、この辺がまだに詰められていない。
いずれ、進化していくであろう。
Backmount RebreatherとSidemount Rebreatherのコラボ, ベイルアウトリブリーザーとしての可能性とフォーメーションなど
多くの可能性があると思われる。
Sidemount, Razor をいち早く導入したAfghanは、2015年からその中でSF2を選択導入、Configurationの開発を続けている。